<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
千葉県浦安市新浦安駅近くのイトウデンタルオフィス・歯医者・歯科のスタッフブログ
千葉県浦安市新浦安駅近くのイトウデンタルオフィス・歯医者・歯科のスタッフブログ
<< 力のサイン | main | 浦安市花火大会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
知覚過敏のお話

こんにちは。 初めまして。歯科助手の黒沢です。

 

7月も後半に入り厳しい暑さが続いていますね。 みなさま体調はくずされていないでしょうか。

こんなにも暑いと、冷たい飲み物、アイスなどを召し上がる機会が多くなりますよね!!

 

冷たいものを食べたり飲んだりすると、歯がしみますと患者様からよくお伺いします。

歯がしみてしまうと、美味しく飲んだり食べたりできないですよね。

 

 

歯がしみる原因にはいくつかあり、知覚過敏や虫歯が主な原因です。

今回は、知覚過敏についてお話させて頂こうと思います。

 

知覚過敏の正式名称は『象牙質知覚過敏症』といいます。

 

 

 

●知覚過敏の原因●

歯の表面にはエナメル質という身体の中で一番硬い素材に覆われています。

その内側には象牙質があり、象牙細管というストロー構造があります。

歯の根っこの部分には、エナメル質がないので、歯周病などで歯茎が下がったりすると、象牙質がむきだしになり ストロー構造により神経に刺激が伝わることで、しみる症状が起こります。

その他の原因としては、歯ぎしりや過度な歯磨き、酸が含まれている食品の摂取など様々あります。

 

 

 

●改善方法●

原因によってですが、過度な歯磨きに関しては、歯ブラシをやわらかくしたり、優しく磨いたり気を付けて 磨いて頂くことで予防にもなります。

歯ぎしりに関しては、自己暗示で対応したり、マウスピースをつけることで歯のすり減りを予防する場合もあります。

 

また、歯がしみる箇所に関しては しみにくくするお薬を塗布することもできます。

何度か重ね塗りをすることで、しみにくくする様なお薬です。

また、くさび状欠損と言って歯の根元のすり減りが大きい方は、その日1日で終えることができる詰め物をすることでしみにくくなる場合もあります。

 

しみる症状など、些細なことでも大丈夫です。

気になるようであれば いつでもスタッフにお声かけください。

 

 

 

まだまだ夏はこれからです!!

みなさま体調や怪我などに気をつけて、素敵な夏をお過ごしください。

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ito-do-staff.jugem.jp/trackback/606
この記事に対するトラックバック